就活生の方はこちら

【就活ノウハウ】絶対に刺さる面接 〜 イシコ&針鼠の就活対談 〜

こんにちは。針鼠です。

今回は総合商社から海外勤務を経て現在はベンチャー商社で働かれている生粋の商社マンであるイシコさんをゲストに迎え、対談形式で就活生向けの内容をお送りします。

針鼠
針鼠
イシコさん、宜しくお願いします。
イシコ
イシコ
宜しくお願いします。
【この記事の内容】

・「他に志望している企業」で人事の評価を上げる方法
・企業分析にこんな方法があったのか!
・面接官が「この学生、鋭いな」と思う逆質問は?
・いま、どんな業界のどの企業も関心が高い話題
・実は面接官はこんな基準で学生の合否を判断している

イシコ:

針鼠さん、初めまして。イシコです。

先日僕の「就活生のポジション」についてのツイートに反応していただいたのがキッカケだったかと思います。

僕自身は人事の経験はないので、針鼠さんの発信内容はいつも楽しみにしておりました!

針鼠

イシコさん、初めまして。宜しくお願いいたします。

私は大企業の人事部として仕事をしていた経験から主に就活生や若手社会人に役立ちそうな情報を発信していますが、イシコさんの視点はいつも興味深く拝見しております。

特に先日の「商社チキンレース」を題材にしたツイートは具体性があり多くの就活生が参考にしたら良いと思い、思わず反応してしまいました。

イシコ:

反応いただき、ありがとうございます笑。人事の経験をされてたのなら、なおさら発信内容はリアルですよね。

今日は就活生に役立つ情報について、針鼠さんからいろいろとお聞かせいただければと思います。

「他に志望している企業」で人事の評価を上げる方法

ます、先日針鼠さんのツイートで「面接の際に『他の志望企業、志望業界は?』との質問に対して戦略的に答えるか否かでプラスにもマイナスにもなる」とありましたが、確かにこの質問って答えにくいですよね。

針鼠く質問をかわす以外に「プラス・マイナスになる」という発想はありませんでしたが、どのような真意だったんですか?

針鼠:

学生さんにこんな話をすると幻滅されるかもしれませんが、そもそも人事として働いている人間も「評価される側」のサラリーマンです。つまり、それぞれの上司から「評価される」採用をしたいわけです。

では、何が評価されるかと言うと、「どれだけ優秀な学生を採用できたか」ということになるわけです。

更に掘り下げると、「どれだけ優秀か」なんて誰にもわかりません。そのときに一つの目安になるのが、「その学生が他にどんな企業を志望していたか?」です。

何が言いたいかというと、例えばその業界のNo.1の会社が同業界のNo.2やNo.3を志望している学生を採用するのは当たり前。一方で他業界のNo.1、更にその企業が人気ランキングなんかで自社よりも「人気」とされている企業であれば、「そんなところを目指す優秀な学生を自社で採用したい」という思惑が人事側で働くわけです。

正直本当に下世話な話ですが、悲しいかなこれが現実です。

イシコ:

なるほど、これは人事部内にいないと気付かない目線です。。

学生さんにとっては幻滅するかもしれませんが、採用者もサラリーマンであり、また高評価を得たいと思う人間であることが良く分かりますね。

となると、学生さんはこの内情を理解した上で、上記の質問に対しては、プラス・マイナスそれぞれに働く可能性があることを理解しないとですね。

差し支えなければ、典型的なダメな回答例(マイナスに働く例)を教えてもらえないでしょうか?

針鼠

そうですね。マイナスに働く回答例としては、志望企業として挙げられた他の企業が全ていわゆる「就活ランキングの人気企業」ということ以外に関連性が全く見えないこと。それではただのミーハー学生で短絡的な思考の持ち主と判断せざるを得ません。

逆に一見関連性がなさそうでも、そこに納得する理由が説明できれば問題ありません。

また、マイナスには働かないかもしれませんが、業界No.1の企業の企業の人事からすると業界No.2、No.3が第二、第三志望という学生も魅力的には見えません。

イシコ:

なるほど。ありがとうざいます。「他の志望企業は?」との質問に対して、そのような視点を持つという発想は無かったので斬新です。

企業分析にこんな方法があったのか!

イシコ:

一方でご指摘の通り、人企業ランキングの上から順に志望していると、そこにストーリーが見えないので短絡的に思われるかもしれませんね。

ただ、他業界や他企業の志望度に応じてストーリーを創り上げるのはかなり難易度が高そうですが、何かヒントはありますでしょうか?

針鼠:

ご指摘の通り、ストーリーを創り上げるのはなかなか難易度が高いです。逆に言えば、難しい分これができていると評価は格段に上がります。

例えば、最近で言うととりきーさんが「総合商社各社の入社式社長スピーチを比較してみた」というツイートをしてらっしゃいました。これは非常に良いアプローチです。

そこで三菱商事と伊藤忠ではAmazonやGoogleを”脅威””大きな影響”と表現していたとの発見をされていました。

つまり、三菱商事や伊藤忠を受けるときにはAmazonやGoogleを他の志望企業として挙げればよいのです。

そうすることで面接官は大きく食いつくでしょう。そのうえで、そういった企業ではなく何故総合商社なのか、何故三菱商事、何故伊藤忠なのかといった理由付けがしっかりとできていれば◎です。

逆に、他の商社(住商や丸紅)はまだまだ三菱商事や伊藤忠、物産を競合と思っていそうですから、住商や丸紅の面接では上位の商社を志望企業として挙げてそれらの商社よりも住商や丸紅に行きたいという理由付けをしてあげれば良いのです。

イシコ:

なるほど、僕もそのツイート見ましたが、視点はかなり鋭く面白いですよね。

確かに総合商社の1-5位を順番に志望していても面白くないので、こういう視点でAmazonやGoogleを合わせて志望して、理由を述べられればストーリーは食い付いてもらえる可能性が高そうですね。もちろん、前提としてその他の志望動機や自己PR等も練られているのが前提ですが。

針鼠

志望企業の話で最後に一点だけ、人事部としての一番のリスクは「内定を出したのに入社してくれない」や「入社したのにすぐ辞められる」ことですから、その部分もストーリーをよく練って「こういった他の企業にも魅力を感じていますが、~という理由から御社で働きたいという熱意は比べ物になりません」ぐらいのケアをしてあげると良いでしょう。

イシコ:

なるほど。この質問については一旦このくらいにしておきましょうか。次にその他の面接のTipsについても人事の視点から伺わせてください。

逆質問で面接官に「お、鋭いな!」と思わせるには?

イシコ:

普通の面接の話をしてもありきたりになると思うので、例えば学生側から面接官への質問で「お、鋭いな!」と思わせる質問とかあったりしますか?

針鼠:

いくつかはこの仕事カフェの別の記事でも紹介させていただいていますが、学生側から面接官への質問で「お、鋭いな!」と思うケースにはパターンがあります。

まず、学生から面接官への質問は次のどちらかを切り口にしたものが良いでしょう。

一つは会社の考えや方針についての質問、もう一つは面接官個人の経験や思いについての質問です。

まずは1つめの会社の考えや方針についての質問でいま一番使いやすく分かりやすいのは、「テクノロジーの進化によって御社のビジネスはどう変化すると見られているのでしょうか?」というようなものでしょうか。

テクノロジーの進化で影響を受けないビジネスはないでしょうし、経営陣も一番気にしている部分だと思いますので。

2つめの「面接官個人の経験や思い」という切り口では、面接官を気持ちよくさせようという意識が重要です。

大半の人は自分の話をする方が気持ちよくなりますから、「これまでの会社人生で一番うれしかったこと」などはシンプルですが意外と効きます。

時間が与えられる限り、この2つの切り口の質問を上手く組み合わせられると良いですね。

イシコ :

そこまでケアできる余裕があると面接官にも伝わりそうですよね。

会社の考えや方針についての質問ですが、個人的な補足をすると、「私自身は◯◯という影響が考えているのですが…」という自分の仮説をぶつけてみるのも良いかと思いますが、どうでしょうか?丸投げな質問よりも良いかと思います。

針鼠:

仰る通りですね。丸投げな質問よりも、自分なりの仮説をぶつけられる方が好印象です。「この仮説をぶつけながら質問をしてみよう」といった観点で企業研究をすると良いですね。

そういった意味でも、先ほどもでました「入社式のスピーチ比較」などはやはり良いアプローチだと思います。

イシコ:

「入社式のスピーチ比較」は面白いアプローチですね!これは即使えそうなTipsだと思います。

いま、どんな業界のどの企業も関心が高い話題

こういう視点でいくつか他にもTips探してみたいですね。

今ふと思いついたのですが、「テクノロジーの受ける影響と、その対応策」みたいな仮説は毎回ぶつけても良いかもしれませんね。昨今、この課題が他人事な企業はないと思いますし。

針鼠:

そうですね。テクノロジーの進化による影響は本当にどの企業も課題認識として持っていますが、確固たる方向性を打ち出している企業はほぼありません。だからこそ学生なりの仮説でもそこそこロジックができていれば評価は高くなるでしょう。

少しそれてしまうかもしれませんが、インターンのテーマでも「テクノロジーを使った新たなビジネスを提案せよ」といったものを採用している企業が昨今すごく増えています。

イシコ:

この辺は間違いなくキーワードの一つになってきますよね。

今読んでる本が「アマゾンエフェクト(https://amzn.to/2rpRXjT)」なんですが、こういう本を一冊読んでおくと、質問したり仮説を立てやすくなりそうです。

針鼠:

「アマゾンエフェクト」、面白そうですね。早速Kindleポチりました笑

先ほども述べましたがテクノロジー分野は言針鼠でもなくいまどの企業も非常に高い関心を持ってます。

一方で実情は「テクノロジーの進化によって既存のビジネスが脅かされないか」「競合がテクノロジーを使って何か仕掛けてくるんではないか」といった受け身思考のビジネスマンが大半ですから、「テクノロジーを使ってこんな世界を実現したい。そのために御社のこんなリソースを活用できる」というストーリーが組み立てられる学生は魅力的に映りますね。

イシコ:

「学生時代に頑張ったこと」や「自己PR」を練ることも大事ですが、この辺の仮説構築力と質問力は同等以上に大事なスキルになりそうですよね。

針鼠:

仰る通りですね。正直、学生時代に頑張ったことや自己PRはもはや一定以上のレベルであれば差別化は難しいです。いま話をさせていただいたような仮説構築力、質問力を意識することで他の学生と大きく差をつけられると思います。

イシコ:

巷にも自己PRは幾らでも載ってますし、これは使い回しが可能ですからね。

それよりも先日僕が書いたようなチキンレース等、具体性のある内容を深掘りして仮説構築からの質問までの流れを意識した方が、他の学生と大きな差をつけられると思います。

針鼠:

「具体性のある内容」、非常に重要です。それらしさアピールしようとして抽象的な話になってしまう学生さんが大半ですから、表面上の耳障りの良いことだけでなくとにかく内容の深掘りをして仮説を構築していくと良いと思います。

逆質問の最適なタイミングは?

イシコ:

ちなみに「最後に何か質問ありますか?」と面接官から聞かれたタイミングでこの辺の話題は切り出すのがベストなタイミングでしょうか?

針鼠:

タイミングとしては、中盤~終盤が自然でしょうね。質問の時間が与えられればベストですが、そうではない場合は「最後に一つ宜しいでしょうか?」と自ら切り出しても良いと思います。内容がきちんと練られていれば、少なくともマイナスになることはないでしょう。

イシコ:

確かに面接官から「質問はありますか?」と聞かれなければ、こちらから切り出すのも手ですね。

針鼠:

切り出すのはなかなか勇気がいると思いますが、事前準備がしっかりできていれば間違いなくプラスの評価点になります。これも「具体性のある内容」を意識して、是非積極的にトライすると良いと思います。

イシコ:

貴重なアドバイスありがとうございます!

人事部目線の視点なので、これは就活生にとってもタメになる内容だと思います。

実は面接官はこんな基準で学生の合否を判断している

イシコ:

あと、先ほどの話ですごく印象に残ったのは、2つめの切り口にあった「面接官を気持ち良くさせる」という点ですよね。

面接の目的は自分が気持ち良くなることではなく、「相手に”採用すべき理由を提示して、相手に気持ち良くなってもらう」だと思いますので。

ここに留意しながら、仮説をぶつけていけば上手くいくかなと。

針鼠:

イシコさんに仰っていただいたように、面接では「相手に”採用すべき理由”を提示して、相手に気持ち良くなってもらう」ことができれば確実に通ります。

多くの学生さんは”採用すべき理由”といったロジック面をよく考えられると思いますが、ロジックだけでは上手くいきません。

面接官の感情にも配慮し、その面接が終わった後に面接官に「なんかいまの面接は楽しかったな」と思わせることを意識して面接に臨むと良いでしょう。

そのためにはやはり「面接官に多く話をさせること」が重要になると思います。

ロジックだけでは上手くいかないというのはビジネス上も全く同じですので、その練習と考えても良いかもしれませんね。

イシコ:

面接官も人間ですもんね。機械が相手ではなく、あくまで主観で選んでいることを意識する必要がありそうです。

針鼠:

とにかく「自分が伝えたいこと」よりも「面接官が聞きたいこと」は何かをベースにしてストーリーを構築すると、今回お話させていただいたような内容が上手く反映できていくのではないかと思いますね。

イシコ:

この辺の心構えをもう一度整理した上で、就活生は面接にも挑んでほしいですよね。新卒タグは一度しかないので、悔いのない準備をして欲しいと思います。

僕は人事の経験がある訳ではないので、針鼠さんの人事部目線は非常に新鮮で僕自身の気付きも多かったです。ありがとうございます。

今度は是非転職活動者向けでも色々と教えていただけたらと思います!

針鼠:

こちらこそ、イシコさんの鋭い観点からの意見や質問で上手く引き出していただき、普段考えていることを言葉にできました。ありがとうございます。

就活生の皆さんには、今回お話したような観点含めて是非後悔のない就活をしていただければと思います。
またイシコさんとの対談も楽しみにしています。

ありがとうございました!

ABOUT ME
針鼠(hari)
【Twitterフォロワー数15,000人】 転職市場を7年間研究し、従業員1万人大企業から未上場ベンチャーへ転職。 大企業とベンチャーでの経験から、楽しく働くための組織論や仕事術、さらに成功する転職法やキャリアの考え方を発信しています。経営学修士(MBA)