転職を戦略的に活用する

「将来が不安。でも転職は怖い・・」そんなあなたに伝えたいベストな選択

将来が不安。でも転職は怖い

仕事やキャリアの悩みに答えるコーナー。

この記事では、

・このまま今の会社にいてもいいのか不安

・でも転職は怖くていま一歩踏み出せない

といった悩みにお答えします。

今回は、Twitterフォロワー数約3万5千人。

総合商社からベンチャー商社に転職されたイシコさん(@newsalaryman_21)をお迎えして、「キャリアや転職で抱える不安にどう向き合うか?」についてお話していきます。

イシコさん、よろしくお願いします!
イシコ
イシコ
hariさん、よろしくお願いいたします。
イシコ
hari

転職する不安と転職しない不安、どちらもあって当然

まずは簡単に自己紹介いただけますでしょうか?
イシコ

はい。新卒で総合商社に入社し、海外駐在後に転職。

外資系企業を経て現在はベンチャー商社に勤務しています。

同時に、令和の新しいリーマン像を模索しながらイシコというアカウント名でTwitterで発信しています。

キャリアにおいて「良質なプランB」の重要性を説くため「プランBのすゝめ」の運営者でもあります。

ワクワク

ありがとうございます。Twitter黎明期から発信をされており、いまや令和のビジネスパーソンの代表とも言えるイシコさん。

そんなイシコさんのお考えを伺えることを楽しみにしていました。

早速内容に入らせていただきます。

最近相談の多い「このまま今の会社にいてもいいのか不安。でも、転職は怖くて動けない…」という悩みに対して、イシコさんのお考えを聞かせていただけますか?

イシコ「今の会社にいても不安…」

この気持ちはよく分かります。

が、大前提として「どの会社にいても、その不安を拭えることはない」ということを理解しておくべきですよね。

つまり、不安を抱えるのは当然。

そのうえで、「その不安とどう向き合うか?」「何を軸に働く会社を決めるか?」という視点が求められているのではないでしょうか。

僕の場合は転職の決め手の一つとして「会社の規模が10倍になる可能性を秘めた企業に飛び込みたい」という想いがありました。

なぜなら、成長業界に身を投じていれば成長する機会にも恵まれる。

それが個人の経験値にも繋がり、市場価値をあげられると考えていたからです。

詳しい経緯はブログに詳細記載していますが、僕はそういう軸を持っていたので転職に踏み切れたという理由があります。

はてな

なるほど。「不安とどう向き合うか?」大事な視点ですね。

イシコさんは新卒で総合商社に入社されましたが、新入社員の頃からそういった視点をお持ちだったのでしょうか?

イシコ入社時点では、30歳くらいまでに良いチャンスがあれば思い切って飛び出そうと決めていました。

30歳という設定理由は、当時は漠然と30歳を境に、「結婚、育児、家を購入、世間体、社内待遇UP」など、意志決定をする際に、悩む要因が急激に増えると感じていたためです。

企業の規模については、新入社員当社は考えていませんでしたね。

当時は会社の規模と自分の担当する仕事の規模感がまだ掴めていなかったと思います。

転職の怖さや不安に向き合う

転職で「会社の看板がなくなる不安」は幻想?

普通あえてお聞きしますが、総合商社と言えば会社自体のブランド力もありますし高待遇が期待できると思います。

その中で、「チャンスがあれば思い切って飛び出そう」と考えていた理由があれば教えてください。

イシコ総合商社に不満があった訳では全くなく、むしろ20代前半で海外駐在に行かせてもらい、やりたかった仕事をやらせてもらえたので今でも感謝しています。

が、このまま2-3年に一度社内ローテーションを繰り返し、巨大な看板を使って商売を続けて行くと、社内評価(社内待遇)と市場価値が乖離するんじゃないかという怖さがありました。

20代後半から年に1ー2度は転職エージェントと話していたのですが、数年かけてその「チャンス」を見つけて飛び出しましたね。

ツイッターも少しずつフォロワーが増えてきていた時期で、色んな価値観に触れ、出会いがあったのも間違いなく後押ししてくれた要因です笑。

普通社内評価と市場評価が乖離していくことの怖さは、私も常に感じていたのですごく共感します。

20代前半で海外駐在に行かれたということは社内でも期待されていたんだと思いますが、逆にそうした社内評価をリセットすることや会社のブランドを捨てることに対する怖さはなかったのでしょうか?

イシコ総合商社の場合、海外駐在の時期と社内の期待値はあまり関係ないと思います。どちらかというと人事異動の玉突きで、たまたま早く行かせてもらった感じです笑。

が、いずれにしても社内評価を捨てる怖さよりも、社内評価にしがみつき続ける怖さの方が優っていましたね。

社内評価と市場価値の違い

転職する怖さよりも会社にしがみつく怖さの方が大きい

イシコhariさんも同様に大企業勤務だったかと思いますが、飛び出す怖さはなかったのでしょうか?

びっくり転職を決めるときに怖さがなかったと言えば全くの嘘になります。というか、怖さしかありませんでした

転職先はまだ創業数年のベンチャーでしたので、会社が潰れるかもしれない。

併せて、これまで培った社内での信用がリセットされること、本当に自分が別の会社でも活躍できるか100%の自信を持てなかったことも理由です。

ただイシコさんと同じように、会社にしがみ続けることの方がリスクがあると感じて転職を決意しました。イシコやはりそうですよね。

ただどんな人でも、転職先で活躍できるか100%の自信は持てないと思います。

どんな状況・条件だったら転職するのか?やはりそういった軸を持っていることが大事なのではないでしょうか。

普通ここまでの話で感じましたが、転職が怖いと思っている人は、「100%の自信を持たないと転職するべきじゃない」みたいに考えている方も多い気がしますね。

自信を持って転職する人はいない

実際に転職する人は不安とどう向き合っているのか?

はてなイシコさんの前職の総合商社では転職される方は少ないと思いますが、実際に転職するかしないかを分ける考え方の違いなどもしあればお伺いできますか?

イシコ興味深いことに、僕自身が退職した後、前職や同業他社の知り合いから「転職相談」を受ける機会が格段に増えました。

「このまま今の会社にいてもいいのか?」という漠然とした不安は少なからず多くの若手社員が持っているんだと思います。

が、傾向として「転職した方が良いか?」という質問をしてくる人に限って、転職せずに残留する人が多い傾向でしたね。

一方、エージェントに会って選択肢をいくつか提示された後に相談に来た人は、実際に転職する傾向にあります。

なので、転職先のキャリアを具現化(エージェントに会って案件を聞く)できるかどうかが、実際に転職するかどうかの最初の分岐点だと思います。

普通転職するかしないかは本来自分事のはずなのに、他の人の経験を聞くだけで満足したり納得してしまい自分事まで落とし込めない、といったことが多く起きている気がします。

たしかに、本当に真剣に考えようとすればまず「自分にはどのような選択肢があるか?その選択肢を広げるためにはどうすればよいか?」といったことをエージェントと話したりしてリサーチしてるはずですね。

これからの時代、(実際に転職するかしないかは別にして)「転職活動を継続的にする」というのは、ビジネスパーソンの基本姿勢になりそうですね。

イシコ仰る通り、「転職するかしないかは別として」というのはポイントだと思います。転職=正解、残留=不正解という単純な話ではないので。

転職活動は基本行動

 

転職活動をするべき理由
【辞めるつもりがなくても】絶対に転職活動をしておくべき理由とそのメリット令和に入り「終身雇用の崩壊」が宣言されました。一生1つの企業に勤める人はもはやいなくなるでしょう。そんな時代に「転職活動をしたことがない」というのは非常に大きなリスクになります。大企業からベンチャーに転職した筆者が、会社を辞めるつもりがなくても転職活動をしておくべき5つの理由を解説します。...

転職の不安を払拭するために信用できるエージェントを探す

はてな「転職が怖い」と思っている方の中には、転職エージェントが信用できないと考えている方もいると思います。

イシコさんのご転職先も、転職エージェントからの紹介だったのでしょうか?

イシコ僕自身の転職もエージェントからの紹介でした。

ただ、最初に出会ったエージェントはとにかく成約にこぎつけたいという想いが強く、腰を据えてキャリアプランを描く感じではなかったので、お断りしたのを覚えています。

最終的にはエージェントは企業よりも個人の相性で決めましたね。

はてな転職先を選ぶポイントは「プランBのすすめ」の記事の中でもご紹介いただいてますが、良い転職エージェントの見極め方や付き合い方のポイントはありますでしょうか?

イシコ「お互い腹を割って話せる」と感じられるエージェントがオススメですね。これを言語化するのは非常に難しいのですが、例えば転職時期一つとってもお互いの腹の内をある程度知っておきたいところです。

エージェントも仕事なので転職可能性がゼロの人に注力したくないでしょうから例えば「2021年に良い案件があれば、本格的に転職を検討したい。その条件は…」みたいに時間軸を共有することから始まると思っています。

エージェントとしては短期間で成約した方が当然コミッションも入るでしょうが、その時間軸に合わせた提案や面談軸を持ってくださる方と話を進めることをオススメします。

普通イシコさんのアドバイスのように先方の立場を考えた付き合い方が大事ですね。

私の経験からしても、信用できる転職エージェントの方を味方につけることが転職成功のポイントとも思います。

転職エージェントは信用できない?への回答
転職エージェントは信用できない?知っていれば上手に使える究極の方法転職エージェントは信用できない・・・。実際、報酬を得るために無理やり転職させようとするエージェントがいるのは事実です。でも、信用できる転職エージェントを使えば転職成功の可能性もぐっと上がり上がります。7年間転職活動をした筆者が、信用できるエージェントの探し方、見極め方、付き合い方について伝授します。...

不安は最後まで拭えない。であれば突き進むしか無い

はてないまのお立場で、当時転職しようか迷っていた過去のイシコさんに声をかけるとしたらどのようなことを話されますか?

イシコ当時の自分に声をかけるとしたら・・・「正解を探しすぎるな」でしょうかね。

就活時も転職時も「正解」を求めすぎると、身動きを取れなくなり、意思決定が非常に難しくなります。

なので、ある程度自分の中で結論が出た後は「選んだ選択肢を正解にする」というマインドで行動することが大事だと伝えたいですね。

飛び出していなければ、Twitterを運用してこういった形でhariさんと対談することも無かったと思いますし、自分の頭で思い描く将来は往々にして(良い意味でも)予想通りにならないことも多いです。

燃える「選んだ選択肢を正解にする」という言葉、とても良いですね。

これがそのまま冒頭の「動きたいけど怖くて動けない」という悩みを抱える方へのアドバイスになりそうです。

Twitterの話もそうですが、とにかくやってみると世界が広がって当時は想像もしなかったようなことができるようになる、ということもあると思います。

「これからどうしよう?」と悶々と悩んでいる方は、とにかく動いてみて選択肢を広げることを意識すると良いかもしれませんね。

なぜ転職が怖いのか?を考えてみる

ワクワク非常に貴重なお話、ありがとうございます。最後に、イシコさんから「これは言っておきたい」ということがあれば是非お願いします!

イシコ多くの人にとって転職は「初めて主体的に決断する場面」だと思います。

これまでは入試、入学、卒業、入社と、皆が通るレールに乗っかって社会人になったと思いますが、「転職」は必ずしもする必要がない。

ですので、自分で意思決定をする必要があります。

だからこそ迷った時には「選んだ選択を正解にする」という強い想いで一歩踏み出していただければと思います。

選んだ道を正解する

燃える大変参考になるお話、ありがとうございます。

イシコさん、改めてこの度はインタビューを受けてくださりありがとうございました。

私自身非常に参考になるコメントばかりで、勉強になりました。

引き続き、どうぞよろしくお願いいたします!

イシコさんのTwitterアカウント、ブログ記事はコチラ↓

(編集後記)

まさに目下で起こっているコロナショックに代表されるように、今後ますます先行きは不確実になっていくでしょう。

そんな時代には、レールに乗っかるだけではなく自分で意思決定していく能力がさらに求められると思います。

「いつかは転職したい」と思いながら、転職活動すらしたことがない方も多いのではないでしょうか?

「いまはまだ早い」「すぐに辞めるつもりもないし」「コロナで時期も悪い」

動かない理由はいくらでもあります。

でも、準備すらせずに時間だけが過ぎて気付いたときにはもう手遅れということにもなりかねません。

イシコさんがお話されていたように、悶々と悩む前にまずは動いてみることをおすすめします。

「転職」はリスクがありますが、「転職活動」はノーリスク。

転職活動自体は、無料でできます。

まずは転職サイトに登録して、いまの自分の選択肢を知ることから始めてみてはいかがでしょうか?

筆者の7年間に及ぶ転職活動経験からまとめた「おすすめの転職サイト、転職エージェント」はコチラ↓

状況別のおすすめ転職サイト
【完全保存版】7年間の転職活動からおすすめする状況別の転職サイト・転職エージェント7年間さまざまな立場で転職活動をした筆者の経験から、状況別のおすすめ転職サイトをご紹介します。「絶対に外せない転職サイト」「20代におすすめな転職サイト」「年収600万以上の方向けの転職サイト」「ベンチャーへの転職に使える転職サイト」「相談だけできる転職サービス」ご参照ください。...

辞めるつもりがなくても転職活動をしておくべき理由はコチラ↓をご参照ください。

転職活動をするべき理由
【辞めるつもりがなくても】絶対に転職活動をしておくべき理由とそのメリット令和に入り「終身雇用の崩壊」が宣言されました。一生1つの企業に勤める人はもはやいなくなるでしょう。そんな時代に「転職活動をしたことがない」というのは非常に大きなリスクになります。大企業からベンチャーに転職した筆者が、会社を辞めるつもりがなくても転職活動をしておくべき5つの理由を解説します。...
ABOUT ME
針鼠(hari)
【Twitterフォロワー数15,000人】 転職市場を7年間研究し、従業員1万人大企業から未上場ベンチャーへ転職。 大企業とベンチャーでの経験から、楽しく働くための組織論や仕事術、さらに成功する転職法やキャリアの考え方を発信しています。経営学修士(MBA)
こちらもおすすめ