仕事術

【自分は仕事ができない?】辛い、やめたいと思っているあなたへ送る5つの言葉

この記事は

「自分は仕事ができない」

「仕事が辛い」

「仕事を辞めたい」

と思っているすべての人に向けて書いた記事です。

針鼠
針鼠
実は、私も若手のころはずっとそう悩んでました。

仕事が針鼠く出来ず上司やクライアントに怒られる毎日。

「自分は仕事ができない」

「信用されていない」

「仕事辛すぎ。今すぐ辞めたい。」

と思い悩み、一時はうつ病寸前の状態でした。

しかしそんな状況を打破したい一心でとにかく色々な情報を集めました。

  • 必死に本を読み漁る。
  • セミナーに参加してみる。
  • 仕事の勉強をする。
  • 仕事ができる人の真似をしてみる。

とにかく試行錯誤をした結果、いまは悩んでいた頃が嘘だったかのように楽しく仕事をしています。

そして分かったのは、「そんなに思い悩む必要は全くなかった」ということ。

辛い思いをしていた頃の自分に送る気持ちで、皆さまにも次の5つの言葉をお送りしようと思います。

仕事が辛い、やめたいと思うのはどんなときか?

仕事をやめたい

仕事が辛いと思うのは多くの場合ミスや失敗をしたとき

どんな小さな失敗やミスでも、

「他の人に迷惑をかけてしまった」

「上司から厳しく怒られた」

多くの人にこんな経験があるのではないでしょうか。

ミスや失敗をしてしまうと、

「自分はなんてダメなんだ」

「自分は能力が低い」

「あの人ならこんなミスはしなかった」

ついついこう思ってしまいがちです。

しかし、ここで一旦冷静になってみましょう。

あなたのミスは、本当に「あなたの能力が低いから」なんでしょうか?

仕事ができないからなんでしょうか?

 

・・・

違います。

実は大抵のミスや失敗は、「ただ物事を知らないだけ」というのが原因です。

物事を知らないというのは、

  • 事前に話をしておくべき人に話ができていなかった。
  • 暗黙の了解になっている仕事の進め方ではない方法で仕事をしてしまった。

こういったことです。

「そんなことも知らなかったのか!」

と言われることもあるでしょう。

 

しかし、知らないものは、知らない。

「知らない」というのはあなたの能力とは一切関係ありません。

一番避けてほしいのは、こういったミスや失敗で「自分は仕事ができない」と自信を失ってしまうこと。

「自分は仕事ができない」と思ってしまうと、常に他人の目を気にしてしまい仕事がどんどん後手後手になります。

ミスや失敗を反省し「繰り返さない」ということは大切です。

しかし、だれにでもミスはあるもの。

まずはあなたの失敗の原因を冷静に見つめてみましょう。

ミスや失敗の原因は「物事を知らないだけ」。気にしすぎる必要はない。

ミスや失敗をしたときの唯一の正解対応

仕事をやめたいときの対策

そんなミスや失敗をしてしまったときにあなたはどのように対応しているでしょうか?

「黙っていればバレないかもしれない」

「時間が解決してくれるだろう」

人間の心は弱いですから、このように考えてしまうことがあります。

しかし、あなたのミスや失敗は必ず明るみに出ます

そして隠そうとすればするほど、それが明るみになったときのダメージは大きくなる。

ミスや失敗をしたときの唯一の正しい対応は、

「堂々と認めて、謝る」

ことです。

ここで重要なのが、

「堂々と」

という点。

変に隠そうとしてコソコソと謝るよりも、

「申し訳ありません。失敗しました。原因は○○で、こう対応します」

はっきりと表明するのです。

勿論、その瞬間はいろいろな人から怒られるかもしれません。

自分の中でも当然嫌な感情になるはずです。

しかし、ここで逃げたらその感情を引きずったまま長い期間を過ごすことになります。

そんなことになるのであれば、目先の恐怖になんとか立ち向かって堂々と謝るほうが絶対に良い。

ミスを認めて堂々と謝ることで、逆にミスをする前よりも

「こいつは信頼できる」

と評価を上げるケースも多くあります。

一瞬の恐れに負けない、少しの勇気で状況は大きく変わります。

ミスや失敗は必ず明るみに出る。隠さず堂々と謝れば、逆に評価を上げられる。

仕事をやめたい原因:あの人に嫌われている?関係ない

嫌われてるから仕事をやめたい?

仕事をする上ではいろいろな人と関わらなければいけません。

その中には、

「この人は自分のことを嫌っているだろう」

という人もいるでしょう。

その人の存在があなたの大きなストレスになっているかもしれません。

これについてアドバイスすると、

「そんな人のことは気にしない」

それが一番の対処法です。

人は、あなたが思っているよりも全くあなたのことを気にしていない。

これが真実です。

嫌われていると思っていても、それはただあなたが気にしすぎているというケースが大半です。

逆に「嫌われてるかも?」と思って人に接すると、相手もその感情を読み取って良い気分はしません。

またそれによって、さらにあなたに対して良くない感情を抱くのです。

仕事をする上で、全員から好かれる必要はありません。

逆に、仕事ができる人ほど多くの敵がいます。

あなたがその人に嫌われていたとしても、あなたの人生に大きな影響はありません。

例えその相手が上司であっても、気にする必要はありません。

見ている人は見ていてくれますし、あなたを助けてくれます。

難しいと思われるかもしれませんが、あなたがその人のことを気にしなければ大きな問題にはなりません。

自分が嫌われてるかもしれないと思う相手のことは、気にしない。

辛い仕事から脱出するために:なんでもいいから専門分野をつくるべき

仕事やめたいから脱出

仕事ができないと悩む人は「だれかと比べて私はできない」と考えてしまうケースが多いです。

そんな方には、

「これだけは他の人に負けない」

という専門分野を作ることをおすすめします。

専門分野というと堅苦しいですが、これは仕事に関係なく本当にどんな分野でも良い。

例えば、

  • 歴史小説について誰よりも詳しい。
  • 美味しい焼き肉屋のことならいくらでも語れる。
  • 健康オタクで、健康になれる情報をとにかく知っている。

こんな専門分野で良いのです。

そして、それを是非発信してみてください。

「私はこんなことが得意です」

「これについては誰よりもよく知っています」

最初は発信するのも怖いでしょう。

そんなときは仲の良い人から徐々に伝えていってください。

そうすることで徐々に

「あの人はこれについて誰よりも詳しい」

という話が多くの人に伝わるはずです。

それが広まればいろいろな人から声がかかると思いますし、聞かれることも多くなります。

「誰かに物事を聞かれて、教える」

という経験自体があなたの自信にもつながります。

さらに

「あいつはこの分野について語らせると面白い」

というポジションが確立できると、人付き合いもかなり楽になります。

是非試してみてください。

仕事に関係なくても「誰よりも詳しい」専門分野をつくって、発信する。

1年前の仕事の悩み、言えますか?

仕事をやめたい悩み、覚えてますか?

最後に特に皆さんにお伝えしたいこと。

それは、悩みが全くない人は滅多にいないということ。

毎日楽しく生きていそうなあの人も、

仕事がバリバリできるあの人も、

実は悩みを抱えながら生きています。

とにかく避けてほしいのは、

「自分はなんてダメなんだ」

と思ってしまうこと。

 

あなたの1年前の悩みはなんですか?

答えられない人が大半でしょう。

いまのあなたの悩みも、1年後には忘れています。

そんなことで悩むのであれば、楽しいことを考えて過ごしたほうが良いと思いませんか?

それでも「やっぱり今の仕事は辛いからやめたい」と思う方へ

やっぱり仕事やめたい

ここまで気持ちを少しでも軽くする内容をお伝えしました。

しかし、中には

「そうはいっても今の環境では自分の悩みは何も解決しない」

と思う方がいるかもしれません。

そんなあなたは、いまの環境が合っていない可能性が高いです。

人には合う合わないがありますから、そんなときは環境を変えてしまったほうが絶対に良いです。

それまで自分は仕事ができないと思っていた方が職場を変えることで大きく活躍しているケースも多くあります。

そのような環境では、悩んでいても何もはじまりません。

いますぐ環境を変えるために動きましょう。

まずは情報収集することをおすすめします。

いますぐ環境を変えるつもりがなくても、視野を広げることで自分の方向性が見えてくることもあります。

とにかく悶々と悩む前に、動いてみてはいかがでしょうか。

以下の記事も是非ご参照ください。

ご意見、ご質問はこの記事のコメント欄か針鼠のツイッターアカウントまでどうぞ。

ABOUT ME
針鼠
【Twitterフォロワー数12,000人】 転職市場を7年間研究し、従業員1万人大企業から未上場ベンチャーへ転職。 大企業とベンチャーでの経験から、楽しく働くための組織論や仕事術、さらに成功する転職法やキャリアの考え方を発信しています。
こちらもおすすめ