仕事の悩みを解決する

【嫌いな上司を克服する】絶対にやってほしい「上司をコントールする方法」

針鼠
針鼠
突然ですが皆さん、上司は好きですか?

この質問に心からYESと答えられる人は少ないのではないかと思います。

この記事では嫌われる上司の特徴を挙げた上で、そんな上司をコントロールする方法についてお伝えします。

嫌われる上司の特徴

なぜあなたは上司が嫌いなのでしょうか?

ここではまず、嫌われる上司は以下のような特徴を持っています。

  • 厳しすぎる。
  • 理不尽に怒る。
  • 言うことがコロコロ変わる。
  • やりたいことをやらせてくれない。
  • いつも不機嫌。
  • 自分の良さを引き出してくれない。
  • 全然仕事ができない。
  • 上のことばかり見ている。[/chat]

「そんな上司に自分の評価なんかされたくない」

と思っている方も多いのではないでしょうか。

この記事では、そんな上司を思いのままにコントロールする簡単な5つのステップについて解説したいと思います。

上司をコントロールする5つのステップ
  1. 確実にやり遂げる
  2. 上司の議論相手になる
  3. 信頼できる情報源になる
  4. 上司の味方になる
  5. 自律的に働く

(補足)それでも上手くいかない場合は

まず、「上司といかに付き合うか」は万国共通の課題であり、かの有名なハーバード大学でも「ボス・マネジメント」という項目でひとつの授業があるほど真剣に考えられている分野です。

この記事では、Dr. A.R.コーエンとDr. D.L.ブラッドフォードの共著「影響力の法則」で語られている5つのステップを紹介します。

嫌いな上司を克服する方法

そのステップとは、1. 確実にやり遂げる、2. 上司の議論相手になる、3. 信頼できる情報源になる、4. 上司の味方になる、5. 自律的に働くというもの。

 

 

 

 

 

 

 

ここからは、実際に上司をコントロールする方法について順を追って解説していきます。

1. 上司からの仕事を確実にやり遂げる

まず大事なのは、上司の期待を上回る成果を上げるということです。

上司から任された仕事に関しては確実に遂行し、それについて心配させないようにすること。

上司の言うことを聞きたくないという場面も多くあるかと思いますが、そこはぐっとこらえて感情を殺してでもまずは上司に振られた仕事をとにかく愚直にやりきるのです。

この実績を重ねることで、上司から最低限の信頼を得ることがまずは基本となります。

どんなに嫌でも、上司からの仕事をやり切ることがファーストステップ

2. 上司の議論相手になる

次に、上司の議論相手になるよう意識して動いてみましょう。

すべての分野で議論相手になるのは難しいかもしれませんが、まずは自分の専門領域を持ち、とにかくそれについては上司よりも詳しくなること。

そうすることによって、上司から意見を求める場面が増えるはずです。

その中で少しでも創造性や新しいアイデアのヒントを提供ることで、相談相手として頼りになる存在と見なされることが重要です。

ここで大切なポイントは、上司の得意分野ではなく苦手分野の専門性を身につけること。

例えば

上司がITを苦手としていたら誰よりもITに詳しくなってExcelやパワポの作業を請け負う。

英語が苦手だったら英語を勉強し上司の代わりに外国人とコミュニケーションを取る。

など、上司はできないけどあなたができる分野をつくっていけば上司があなたを頼りにする場面が増えるはずです。

上司の苦手な分野を得意になることで、まずはその分野で頼りにされるようになる

3. 上司の信頼できる情報源になる

次のステップとして、上司にとっての信頼できる情報源になること。

特に上司は管轄している範囲が広いので、現場の情報が入りにくくなっていることがあります。

そのとき、あなたが頼りになる現場の情報源となることが重要。

特に、なにか問題が発生した場合にそれをもらさず報告することで上司はあなたに対する信頼を高めることでしょう。

現場やチームメンバーの意見に耳を傾け、情報を適切に上司にインプットする

4. 上司の味方になる

個人的にはこのステップが一番難しいと思う一方で、意識的にできるようになれば敵なしです。

このステップでは、とにかく「上司の味方になる」のです。

いくら上司が苦手でも嫌いでも、とにかく上司を立てましょう。

「媚を売るようで嫌だ」

「社内政治はアホらしい」

と思う方もいらっしゃるでしょう。

そんな方は、自分が上司をコントロールするために戦略的に動くという観点でやってみるとゲームのようで面白いと思います。

具体的には、

  • 上司のいないところで、上司を(適切に)立てる。
  • 上司の味方として支援し、勇気づける
  • 上司の判断や上司方針を自分の部下に対して弁護または支援する。(単なる上意下達や押しつけではなく、納得されるようきちんと伝える)

といったことで、間接的に上司の味方であることを示唆するのです。

直接ゴマをすったり媚を売るわけではありませんから、周りからも極端に嫌がられることはないでしょう。

上司をコントロールするという目的の下、上司の味方になる

5. 自律的に働く

これまでのステップですでに上司からの全幅の信頼を得られているはずですから、ここからは自らリスクを取って新しいことにチャレンジしましょう。

今の時代、どんな会社でもイノベーションを求めていますし、あなたの上司もそのさらに上司から何か新しいことをやれという指令が出ているはずです。

このときに、より感性が豊かで現場に近いあなたの意見の方が上司の考えよりも良いものである可能性は高いので、自分が良いと思ったことをどんどん上司にぶつけてみて実行していきましょう。

ここまでのステップを適切に踏めていれば、上司はあなたの意見や判断をスムーズに採用するでしょう。

つまり、上司を使って自分のやりたいことを実現するのです。

この過程を通じて上司のあなたへの評価はさらに上がるでしょうし、ここまでくればすでにあなたは仕事もかなり楽しくなっていると思います。

自分が良いと思うことを発信し、実行していく

 

以上、上司をコントロールする5つのステップでした。

それでも嫌いな上司が克服できない場合は

多くの職場であれば、この5つのステップを踏めば上司を上手くコントロールできるはずです。

万が一その上司がすごく変人で効果がなかったとしても、周りの人はあなたのことを認めてくれているはずです。

一方、これらのステップを踏んでも全く状況が変わらない、もしくはそもそもこんなステップを踏む前にメンタルがやられそう、という方はいまいる環境がかなりブラックな可能性が高いです。

いますぐ転職活動を始めることをおすすめします。

ご意見、ご質問はこの記事のコメント欄か針鼠のツイッターアカウントまでどうぞ。

転職活動をするべき理由
【辞めるつもりがなくても】絶対に転職活動をしておくべき理由とそのメリット令和に入り「終身雇用の崩壊」が宣言されました。一生1つの企業に勤める人はもはやいなくなるでしょう。そんな時代に「転職活動をしたことがない」というのは非常に大きなリスクになります。大企業からベンチャーに転職した筆者が、会社を辞めるつもりがなくても転職活動をしておくべき5つの理由を解説します。...

 

ABOUT ME
針鼠(hari)
【Twitterフォロワー数15,000人】 転職市場を7年間研究し、従業員1万人大企業から未上場ベンチャーへ転職。 大企業とベンチャーでの経験から、楽しく働くための組織論や仕事術、さらに成功する転職法やキャリアの考え方を発信しています。経営学修士(MBA)
こちらもおすすめ