超基礎ビジネス用語

【図解】クラウドとは?徹底解説。代表的なサービスや市場規模も紹介

クラウドとは?表紙
hari
hari
最近よく聞く「クラウド」って、一体なに??
カイル
カイル
分かりやすく解説します!

この記事では、7枚の図解を用いてクラウドの定義やメリット、代表的なクラウドサービスと国内の市場規模などついて解説します。

「クラウド」とは?

クラウドとは?1

まずは「クラウド」とは何なのか解説します。

クラウドは、日本語で「雲」。

でもこの「雲」、本当の雲ではありません。

ネットワーク上にある仮想の空間を雲に例えているだけ。

物理的なハードウェアやパソコンにインストールするソフトウェアが担っていた役割を、ネットワーク上の仮想空間で行えるようになったのがクラウドサービス。

カイル
カイル
ちょっとまだ分かりにくいですね。身近な例を挙げて説明します!

意外と身近なクラウドサービス

身近なクラウドサービス

一番分かりやすいのがデータの保存。

これまで、写真やファイルなどのデータはパソコンの端末自体に保存したりハードディスク、USBに保存していませんでしたか?

これをネットワーク上で保存できるようになったのが、クラウドストレージサービス。

Google DriveiCloudが代表例です。

その他、Excelやパワポといったソフトウェアも似たような機能がクラウドで利用できるようになっています。

また、普段使っているGmailやYahooメールも実はクラウドサービスの一種。

カイル
カイル
クラウドがぐっと身近に感じられてきたのではないでしょうか?

クラウドの何がすごいのか、そのメリットを徹底解説

クラウドのメリット

それでは、なぜ近年クラウドが注目されているのか。

クラウドの4つのメリットを解説します。

クラウドのメリット1:コストが安く抑えられる

普段使っているGmailやYahooメール、お金は払っていますか??

そう、クラウドサービスの多くは無料で使えます。

お金がかかるサービスも月額課金制で使った分だけ費用が発生するので、コストが安く抑えられるのがメリットです。

クラウドのメリット2:情報共有がカンタン

クラウドはネットワークさえつながれば世界中どこからでもアクセスできるのが利点。

離れた場所で一緒に作業したり、複数の端末からアクセスできるため便利に使えます。こ

リモートワークではクラウドの活用が必須と言えるでしょう。

クラウドのメリット3:メンテナンスが不要

クラウドはネットワーク上の機能。

機能の改善は、日々リアルタイムで行われます。

ハードディスクやインストール型のソフトと違って、メンテナンスにイチイチ手間をかける必要はありません。

クラウドのメリット4:データの保持性が高い

クラウドサービスは、自然災害などの発生で物理的な損傷を受けることはありません。

また「クラウドはセキュリティが怖い」という声も未だに聞きますが、名だたる企業が万全のセキュリティを施しています。

ハードウェアやインストール型のソフトウェアと比べても、セキュリティレベルは高いと言えます。

企業向けのクラウドサービス

企業向けのクラウドサービス

そんなクラウドサービス。当然、企業向けのサービスも多くあります。

「SaaS」(サービスとしてのソフトウェア)という形態も、クラウド環境が大前提。

SaaSについて詳しくはコチラの記事をご覧ください。

SaaSとは?メリットや企業も併せて紹介
【図解】SaaS(サース)とは?メリットや代表企業も分かりやすく解説最近よく聞く「SaaS」という言葉。図解でどこよりも分かりやすく解説します。SaaSが注目される理由、メリットや代表的なSaaS企業も併せて紹介。いま話題のSaaSを理解するために、ぜひご覧ください。...

 

覚えておきたいクラウドの種類2つ

クラウドの種類

ここからは補足です。

クラウドには、パブリッククラウドプライベートクラウドという2つの種類があります。

パブリッククラウドは、1つのクラウド環境をみんなで共有するもの。

プライベートクラウドは、1つの企業に専用のクラウド環境を設置するもの。

まずは「クラウドには2つの種類がある」というぐらい覚えておけばよいでしょう。

クラウドサービスの市場規模:5年で2倍!?

クラウドサービスの市場規模

そんなクラウドの国内の市場規模は、2020年から2024年にかけて2倍にもなると言われています。

クラウドにはさらに期待が高まります。

まとめ:「クラウド」はこれからの時代に必須!

クラウドはこれからの必須ツール

最近よく聞く「クラウド」。

なぜ注目されているのか、どんなメリットがあるのかご理解いただけたでしょうか?

技術のさらなる発展リモートワークの普及などによって、これからさらに使われるであろうクラウド。

カイル
カイル
ぜひ覚えておいてね!

「SaaS」や「DX」といった関連するビジネス用語についてもコチラ↓で解説していますので、是非ご覧ください。超基礎ビジネス用語

最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事が参考になったらブックマークを、twitterインスタのフォローも是非お願いします。

twitter:仕事のヒントやキャリア論を発信中

instagram:役立つ図解をまとめて発信中

ご意見、ご質問、仕事のご相談はお問い合わせまでどうぞ。

それでは!

ABOUT ME
hari
【Twitterフォロワー数16,000人】 図解も交えて仕事やキャリアのヒントになる情報を発信 | 本業はスタートアップの事業開発マネージャー | 日系大企業からの転職 | 採用も | 経営学修士(MBA)